転職で再チャレンジ

年収500万円は一つの目安として意識している人が多いようで、転職の際にもこの年収を目標にするケースが多くなっています。


転職で再チャレンジ

転職 自衛官
転職 銀行員
転職 官僚
転職 年収500万
転職 30代


スポンサードリンク
 転職で再チャレンジ
 転職 自衛官

自衛官は特別職の国家公務員で、防衛省職員の一種となり、命を受けて自衛隊の隊務を行う仕事です。自衛隊員と呼ぶ人もいますが、自衛隊員ですと自衛官ではない防衛省の職員も対象となるので、ここでは自衛官が正しい呼び方でしょう。


通称で陸上自衛隊の自衛官は陸上自衛官、海上自衛隊の自衛官は海上自衛官、航空自衛隊の自衛官は航空衛官と呼ばれるのが一般的です。


さて、自衛官への転職ですが、基本的に慢性的な人材不足の業界となっており、種類によっては転職できる可能性が民間企業より高いかもしれません。しかし当然のことながら特殊で厳しい世界でもあります。社会や平和に貢献したいという強い志を持っていて、頑健な身体も必要で、アルバイト気分での転職などは難しいと思います。


自衛官になるには、もちろん採用試験を受ける必要があります。その種類は様々で、幹部候補生、一般、技術、幹部候補生歯科、薬剤、医科、歯科幹部、技術海上幹部など数種類に分けられており、受付期間や試験期間、試験内容は全て異なっています。


自衛官の定年ですが、トップの場合は60才、統合幕僚会議議長は62才など一般企業と同様ですが、他では50代前半で定年を迎えてしまいます。年給支給までは、相当間があるので、再び就職先確保が課題になります。



 
 転職で再チャレンジ
  転職 自衛官

  転職 銀行員

  転職 官僚

  転職 年収500万

  転職 30代
 

Copyright (C) 2009 転職で再チャレンジ All Rights Reserved.
 

女性の加齢臭 | プレ更年期 | エコ洗濯 | デスクトップ整理術 | リストラ護身術 | 裏返らない傘 | 自然食品と添加物
性転換手術 | 中絶手術 | わきが手術 | サプリメントの効果と必要性 | 健康のための運動 | パニック障害 | 認知症と痴呆症